【自分でするなら注意が必要】エアコンクリーニングの基本

自分でするエアコンクリーニングは注意すべき点が多い!

エアコンクリーニングを自分でする場合は注意点が必要!

エアコンクリーニングとする場合は色々な注意点があるのはご存じでしょうか?その注意点を守らないと大きな被害に遭ってしまう恐れもあります。そんな注意点をご説明いたします。

エアコンクリーニングの注意点

安全確保は徹底的に!

エアコンは電気で動くため、周辺にはコンセントを刺す箇所が必ずあります。コンセントからエアコンのプラグを外して穴をテープで塞ぐなどしてください。エアコンクリーニングでは水を使う場面が多々あるため、もしプラグ指したまま掃除を行うと感電する恐れがあります。また脚立などを利用する場合は落ちないように気をつけてください。

内部構造を理解する

内部構造は知らなくても良いという方も少なく無いでしょう。もし自分で掃除をするなら知っておく必要があるんです。その理由は電源基盤になります。その基盤を濡らしたりすると故障の原因になるからです。だから内部構造を知っておく必要があるんです。わからないという方は業者依頼がベストです。

下準備を必ず行う

クリーニングする場合はエアコンカバーを外して行う方が多いですが、設置後にカバーが破損しているなんというハプニングは多々あります。それは外したエアコンを割れないようにしていないからです。そういったトラブルに遭わないために割れない下準備をするのです。また濡らしたくない箇所をビニールや防水素材のシートなどで覆いかぶせることも必要です。

【自分でするなら注意が必要】エアコンクリーニングの基本

エアコン

エアコンクリーニングする時に必要な道具

エアコンクリーニングの基本の道具について説明しましょう。必ず準備する物がドライバーとゴム手袋や雑巾、それに掃除機になります。ドライバーは本体カバーを外すのに使うため必要となります。あともしあるなら使い古しの歯ブラシなどあればいですね。細かなゴミを掃き出すことに使えます。

インテリア

徹底的に行なうなら専門業者に依頼

徹底的にエアコンクリーニングをしたいなら専門業者に依頼するのが一番良いです。上記でも説明した通り、自分で行うと基盤を濡らして故障させたり、感電したりすることだってあります。なので内部隅々まで理解した専門業者に任せておくと良いですよ。

作業員

エアコンクリーニングをするタイミング!

年に3回のタイミングがあります。猛暑になる前の5月から6月、過ごしやすい9月か10月、大掃除時期の12月です。このうちオススメなのが6月と10月です。なので、できるだけ年に2回は行うことが良いでしょう。

エアコン

専門業者は色々してくれる

エアコンクリーニング専門で行っている業者も多々ありますが、多くの専門業者ではエアコンクリーニング意外でも行なってくれます。ハウスクリーニング・ジュウタンの掃除。それに配管の詰まり除去まで行なってくれる業者も多くあるので困ったら電話して依頼しましょう。